スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リネン・リネン小物へ
↑ランキングに参加しています↑応援ぽちよろしくお願いします♪

「リバティ」、「YUWA」、「フィードサック」など…生地に関して。

shinoです♪


「リバティ」、「YUWA」って何ですか?
との質問を受けまして…


そうそう、私は当たり前のように毎日手に取っている生地なんですが、知らない方の方が多いんですよね。
改めて説明させていただこうかな、と。



「リバティ」
花柄に代表される、美しくて独創的な柄や色使いで有名なリバティプリント。イギリス、ロンドンの老舗百貨店「リバティ」のオリジナルファブリックです。
とても繊細な色、柄なのに、それだけで十分絵になるほどの存在感を持ち合わせています。

と~っても高価な生地なんですが・・・・
仕立ててみて、使い続けてみて、お洗濯してみて。。。。お値段納得です。
色あせしないし、なんせ丈夫!







「YUWA」
大阪に本社を構える「有輪商店」さんが生産、販売しているオリジナルデザイン生地。
花柄を中心としたフルーツ柄、和柄などはすべてオリジナルデザイン。
デジタル化が進む中、やわらかなニュアンスを表現するために原画は職人さんの手描きなんだとか…。

柄、質ともに申し分ない良い生地です。






ついでに…数年前はまりにはまりたくさん集めた「フィードサック」についても。。。



「フィードサック」とは・・・
1880年代、アメリカ国内で小麦などを保存するための生成りの布袋として使用されていたものが始まりです。
その後1930年代、花柄や可愛いプリント柄の布袋が主婦の間で大流行となり、1950年頃までに様々な色、柄のフィードサックがつくられました。
不景気で苦しい生活の中、主婦達は用品店で美しいプリントファブリックを買いたい気持ちをおさえて、フィードサックの縫合せのひもを大事にほどき愛する家族の為にフィードサックの有効活用にいそしみました。それはキルトに始まり家族の洋服、シーツ、カーテン、帽子etc........
家庭内の布製品はありとあらゆるものがフィードサックで作られました・・・・

現代のプリント生地にはない当時のアンティークな色味、柄、生地の風合い。
私はここに惚れてしまったのです^^




ブランド生地は他にも山ほどあります。。。



リバティは商用利用(商品に仕立て、販売して良いということ)が認められている生地なので、リバティをお洋服、小物などに仕立て販売している作家さんはた~くさんいます。

素敵な生地が泣かないよう、どれだけ生地を生かしてあげられるか…

それがハンドメイドの醍醐味なのかな~なんて、思います。。。

関連記事
にほんブログ村 ハンドメイドブログ リネン・リネン小物へ
↑ランキングに参加しています↑応援ぽちよろしくお願いします♪

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://shino9664.blog67.fc2.com/tb.php/716-872f9ccd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shino

Author:shino
子育て真っ最中!!
好奇心旺盛な普通の母です。。。

ブログ掲載商品お問い合わせ、ご注文フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

web shop情報
*オーダー品製作のためお休み中* happy-friday_a.jpg handmade shop Happy*Friday
イベント情報
Hand made Baton ~ここから~ 終了しました。ロゴ7
にほんブログ村
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
旬の花時計
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。